…ひぐらしのく頃に…
主題歌共に素敵です。これからのアニメ展開に期待! とても素晴らしい作品です+
上の画像からは飛べません、「ひぐらしのなく頃に」オヤシロさまドットコムよりどうぞ☆
* Diary * かしまし~ガール・ミーツ・ガール~ 第10話 「小さな嵐」




admin admin List
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

書くのが遅くなりましたが、かしましの10話の感想をしますね。
ネタバレが激しく苦手な方は続きを見ないほうが良いです。


かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ 第10話 「小さな嵐」
とまりは合宿に行くための準備始めていました。
そしてそのときに、お祭りの事を思い出したとまり。やす菜とこのまま3人で友達でいようと話し合い、少しは解決になったとか。

はずむは水族館のチケットを父親から貰ったらしく、やす菜、あゆき、とまりに一緒に行こうと誘います。
やす菜はOKを出しましたが、とまりは陸上部の合宿、あゆきは法事で行く事が出来ず、2人で行く事にしました。
明日太はあっさりと行く事を断られていました。明日太、可哀想(笑)
しかしやす菜は2人で行くのがとまりを裏切ってしまうのではないか、と少し不満げ。
ですがとまりは、約束したから二人で行ってきて構わないと言って、「お土産よろしく」と微笑みながらその場から去っていきました。

場面は変わってはずむの自宅へ。
はずむのお父さんは水族館のチケットを一枚持っており、はずむの写真を撮ろうかと妄想していました。
案の定、チケットははずむのお母さんがお隣にあげてこようと弾むのお父さんの手から、チケットを奪って行くのでした。
はずむの部屋では、急にジャン・プゥがはずむに泣きながら抱きついてきました。
どうやら結果報告をするために、地球を離れる事になってしまったようです。
ですがはずむは「またすぐ帰ってくるんでしょう?」と質問を投げかけます。その質問に仁は「成果が上がっていればな。」とはずむに聞こえないよう呟いていました。
はずむが不思議そうに尋ねるとなんでもない、と話を流されてしまいます。

場所は変わって合宿所。
とまりを除く、陸上部の部員3人で仲良くお話。内容は恋愛の事。なにやら1人の女子が彼氏とキスしたとかしてないとか。(笑)
その話を少し耳にしたとまりは、やす菜とはずむが教室でキスをしていた事を思い出す。
更にやす菜を自分と当てはめて想像してしまいますが、すぐに目を覚まします。そこへ話していた部員達が現れ、「顔が赤いですよー?」、「もしかして、私たちの話を聞いて自分のキスを思い出してたんですか?」、「相手は、大佛さんでしょう?」などと冷やかされます。

場所はシーサイドパーク(水族館)。
はずむはお目当てのストラップもゲットでき、とても嬉しそうな様子。其れを見たやす菜は笑顔がこぼれてゆくのでした。
マグロを見ればやす菜が「美味しそうね」と言ったり、色々と見て回る二人。とても楽しそうに色々なモノを見ていました。

そして二人は静かで幻想的な場所へつくと、ムードは一気にロマンチックに。
周りを見てもカップルだらけなことにやす菜は気付くと、そっと自分もはずむに腕を絡ませて微笑んでいました。
そこではずむは「とまりちゃんたちにも見せてあげたかったなぁ…。」と呟きます。
そこでやす菜はとまりと二人で約束した事を思い出すと、パッと相手から腕を離しました。
心配したはずむはやす菜に声を掛けますが、やす菜は大丈夫と言って、微笑みを向けながら「またきっと、皆で来ましょうね。」と言います。

そうすれば次はお土産を買いに行きます。
二人ともお土産を選びますが、とまりの分だけは決まらずに悩んでいました。
ですが、巨大ジンベイザメクッキーと言うものを見つけて、「これならきっととまりちゃんも驚いてくれる!」というコトで、ジンベイザメクッキーに決まったのです。
そこでやす菜が合宿所まで届けに行こうと提案すると、更に驚いてくれるとと笑いながら言い、届けに行く事が決定しました。





長っ!……以下、準備中です。(申し訳ない;)
スポンサーサイト

テーマ:かしまし ~ガール・ミーツ・ガール~ - ジャンル:アニメ・コミック


















管理者にだけ表示を許可する


▲ Page Up

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 * Diary *, All rights reserved.










上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。